いびきで治療が必要な場合って…

こんにちは。長谷川歯科医院のコーディネーターの千葉です。

いびきのお話の続きです。

いびきを習慣的にかいている人は日本国内で 2000万人以上いるといわれています。
そのうちの約10%の200万人が睡眠中に何回も 何十秒も 呼吸が止まってしまう睡眠時無呼吸症候群 だといわれています。十分な睡眠こそ健康の源です。

suimin_mukokyu

ところが、いびきをかいているのは眠りが浅い証拠で、その代償として日中の眠気をもたらし、仕事の能率低下や居眠り運転事故を起こすなど、社会生活にさまざまな 支障をきたしています。
また、長期にわたっていびきをかいていたり、無呼吸が続きますと、 高血圧、不整脈、心臓病、脳血管障害、糖尿病などを誘発したり、記憶力や思考力の低下をまねきます。
最近ではメタボリックシンドロームとの深い関係もいわれています。
ですから習慣的にいびきをかいている人は一刻も早く治療を始めることをおすすめします。

どんな段階を経て治療をしていくのかは、前回のブログをご覧くださいね☺

 

 

 

#神戸市長谷川歯科#長田区長谷川歯科#いびき#マウスピース#睡眠時無呼吸症候群#居眠り#メタボリックシンドローム

にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ
ブログランキングに参加しております!