歯が欠けるには、原因があります。

おはようございます。長谷川歯科医院のコーディネーターの千葉です。

歯が欠ける…放置してはいけない理由を今日はお話したいと思います。

unnamed (3)

『歯が結構前から欠けてます。』時折、そんなお話をお聞きします。

歯が欠けても痛みが強く出ないと、長く放置してしまう事もあるようです。

どうして、歯が欠けるのでしょうか?!

1.虫歯による欠け

外見上はたいしたことがなく、ちょっと小さな穴が空いた程度の虫歯でも、実は歯の内部で虫歯が大きく進行しているということがあります。放置しておくうちに、すっかり歯がもろくなってしまい、食事の際などに歯が欠けてしまう事があります。

2.外傷による欠け

転んで顔面を打ったり、スポーツの際などに顔に激しい衝撃を受けたり、あるいは交通事故などで歯が欠けてしまうということがあります。

3.歯に負担がかかり過ぎている事による欠け

「眠っているうちに歯ぎしりをしてしまう」「スポーツやトレーニングで、歯を強く食いしばることが多い」。こういう人も歯が欠けやすいので要注意です。

4.酸蝕歯(さんしょくし)による欠け

酸蝕歯とは、飲食物に含まれる酸によって歯が溶けてしまった状態を指します。お口の中の酸性度が強い状態が続くと、歯が黄ばんできたり、薄くなったり、欠けやすくなったりします。こうなると、自然治癒は望めません。原因となる酸の摂取をやめて、歯科医院で治療を受ける必要があります。

主にこれらの4つの原因があげられます。いずれにしても、原因があるので歯が欠ける事がほとんどです。小さく欠けても放置せず早めに受診する事をおすすめします。

#神戸市長谷川歯科#長田区長谷川歯科#歯が欠ける#放置しない#歯が欠ける原因#むし歯#外傷#食いしばり#歯ぎしり#酸で歯が溶ける#早めの予約を!

にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ
ブログランキングに参加しております!