歯周病とタバコ🚬

歯科衛生士の布藤です。
今回は、歯周病とタバコ、禁煙のメリットは?というところをお話していこうと思います。

 喫煙は歯周組織(骨や歯肉)を激しく破壊し、喫煙者は非喫煙者に比べ2〜8倍で歯周病にかかりやすくなります。

とりわけヘビースモーカーの歯周病患者では、歯の周りの骨の吸収が著しく、失われる歯の本数も多くなります。

では、禁煙してももうしょうがないのでは?と思われますか?
当然、そんなことはありません!

禁煙の効果は非常に迅速で、歯肉の血流は数日〜数週間で回復します。歯肉の黒ずんだ外観も、時間はかかりますが少しずつ本来の健康的な色に戻ります。また、禁煙後に歯肉が腫れたり赤くなったりすることがありますが、それはタバコの影響で隠されていた本来の症状が現れたためです。骨が溶けて手遅れになる前に気づくことができる、良い「きっかけ」ともいえます。

禁煙は歯周病の予防・治療のもっとも有効な対策のひとつです。過去に重度の喫煙歴がある方でも、禁煙をすると確実に歯周病のリスクは低下し、全ての治療法において、その治癒効果が上がり始めます

クリーニングをきっかけに禁煙するそんなことを目標にしてみるのはいかがでしょうか。

 

 

#長田区 女医 #神戸市 長谷川歯科 #歯周病とタバコ #禁煙 #禁煙のメリット

にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ
ブログランキングに参加しております!